首页 >> 2014年

|ISTKUNST(イストクンスト)のファッション 【ISTKUNST】 トップス / HODDIE UNIVERSITY エンブレム 【セール】 HODDIE フーディー(パーカー) EMBLEM エンブレム イストクンスト ユニバーシティー 【上質で快適即出荷】 -パーカー



クリーム グレー M L

【タイムセール開催中!4/4(日)26時まで】
今だけ!表示されているお得なタイムセール価格で販売中です。
タイムセール価格でお買い求めの際は終了日時までに決済をお済ませください。


【Model Size】
Men :185cm / L size
Women :168cm / M size

【ISTKUNST】
ISTKUNSTはドイツ語で「芸術」の意味を表し、
「シンプル」「クリーン」「ミニマル」を着想とする洗練されたデザインと、
素材、シルエットにこだわったクオリティの高いアイテムを生み出しています。
モダンで都会的なテイストは10~30代以上と幅広い年代に好まれ、韓国のミニマルスタイルを提唱するブランドです。

【お気に入り登録がオススメ】
?商品のお気に入り登録
「在庫残りわずか」「完売カラーの再入荷」「セール」の通知を一足早く受け取ることができます。気になった商品はまずお気に入り登録へ!
?ブランドのお気に入り登録
お気に入り登録したブランドの新作や再入荷等、ブランドのお得な情報を定期的に受け取る事が出来ます。

※他のキャンペーンにより、期間中に価格が変動する場合があります。

※セールは予告なく終了させていただく場合もあります。


タイムセール対象商品一覧はコチラ

スペック

原産国
韓国
素材
コットン100%
特徴
  1. 長袖
  2. 前面プリント
  3. プルオーバー
  4. ブランドロゴ
  5. パイル
関連カテゴリー
  1. トップス
  2. パーカー
性別タイプ
メンズ?レディース
即日
即日配送可
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|クリーム

    クリーム

  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|グレー

    グレー

  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
  • ISTKUNST(イストクンスト)の「【ISTKUNST】UNIVERSITY EMBLEM HODDIE / イストクンスト ユニバーシティー エンブレム フーディー(パーカー)」|詳細画像
>> 第160期 >> 杀死比赛,什么意思?

杀死比赛,什么意思?
来源:二十一世纪商业评论 2014-12-19
随着信息广泛传播,尤其在互联网语境下不同语言之间袭扰和融通,让我们说的话越来越“不像话”。

|ISTKUNST(イストクンスト)のファッション 【ISTKUNST】 トップス / HODDIE UNIVERSITY エンブレム 【セール】 HODDIE フーディー(パーカー) EMBLEM エンブレム イストクンスト ユニバーシティー 【上質で快適即出荷】 -パーカー

“太可惜了,这球要进,就能杀死比赛了……”对面的魏老师有些恶狠狠地说道。他那么斯文淡定,口气里却还带有些凶残的意思。

我对着魏翊东跐牙一乐。“杀死比赛”,这都什么词儿啊。明白了,kill the match,英文描述汉化后的中文表达,我们说话怎么都这样了。

パーカー我根本没资格调笑老搭档,因为上一周在北京台转播英超,北京台总编室已经对我发来警告,有观众朋友电话打去,指责我说球评述过程中,英文说得太多。

这警告让我很有些没面子。不过我很快还是想了起来,之前有过一场利物浦的主场比赛——每次在安菲尔德球场开场前,全场观众都会合着音乐一起高唱“你永远不会独行”,雄浑悲壮,有易水送别之古风。每次我都会建议搭档停止讲述,尽可能多听一听现场的歌声。那次转播利物浦比赛时,我应该是很贱地说了句you will never walk alone。

好多年前,我在香港短暂工作过,最烦的就是那些洋行写字楼里,一句话三个词里,必然要跐出一个英文单词的香港同胞。学好普通话,对他们的难度不在技能,而是心态。同样说广州白话,不少人也会尽量区隔开自己和大陆人的距离。说话举止,是心理活动的反映,中文里夹上英文,殖民地文化融合遗留,久而久之,又会让被殖民者形成心理优越感。

扭曲的心理优越感。

有一天我恣意犯贱,见港人就说英文——老子不是不能说,估计比你们大多数说得还好,如何?却也没有惊起蛙声一片,只是对方看我的眼光,不再全都斜视。

哪怕不斜视,我心里依旧在斜视着对方。斜视久了,就成了斜眼。鄙夷别人的不是,自己也成了别人。由隔膜到猜疑,口音上的差异是小事,心理上千山万水的阻隔要消除,比占领或者解放中环难得多。

然而中英文夹用,未必完全是在装逼。真正进行语言表达的时候,汉语也有穷时。像搭档的“杀死比赛”,令我一乐之余,开始琢磨汉语如何表达才不至于用英文犯贱。kill the match,“两球领先,让比赛结束悬念”、“确立起绝对优势”、“稳操胜券”……想来想去,意思都是大致意思,却也总有些遗憾。kill the match,三个单词组合,言简意赅,表达得很好。至少和法语英语相比,汉语的严谨和逻辑性并不周密,这支笔“掉到地上”和“掉到地下”,汉语无差异,但有着上下不分的嫌疑。

只是我们不能在公共传播时,混杂着表达。

随着信息广泛传播,尤其在互联网语境下,不同语言之间袭扰和融通,让我们说的话越来越“不像话”。“意大利人”、“法国人”这种表达,恐怕也有装逼嫌疑。以前读国际体育报道,“巴乔闪身过掉两个捷克后卫……”一段长描述中,老是“巴乔”,词汇重叠,中间冒出一句“……意大利人的轻灵飘逸,令人叫绝……”,整段表达,一下子因为“意大利人”而升级了。

当然,也会有人说,这作者又开始装逼了。装与不装,格调高低,都不是什么大事,即便被人骂着犯贱装逼,也不是什么大事,自己觉得表达淋漓畅达,岂不快哉?可是在公共媒体平台上述评,不管你有没有受过专业训练,一些原则还是需要恪守,倘若公众对你的表达不满,那肯定是你有问题,尤其电话都打进来了,必须低头认罪。

再撑着面子,便是真正在装逼了。你逼格高?你就是被kill掉的那场match。

相关标签: 语言   心理   文化   
0
0

相关文章